健康なときは食事をして自然と排便が出来ますが、食事の欧米化やストレス、冷暖房の使いすぎなどが原因で便秘に悩んでいる人が多くなっています。

毎日出ていても少しずつでころころしか出ない場合や、残便感があると言われる人は直後しても大腸の中に残っていることがあります。
これも便秘です。

漢方では気血水だと水不足、ストレスや緊張による気の異常と血の異常であるお血、血が足りないなどで起きると考えられています。

西洋医学だと症状があるときにだけ一時だけ使いますが、東洋医学では体質改善をしながら自然とお通じの状態を整えていきます。

中には飲むと比較的直ぐに作用が出る薬もありますが、体質によっては使えない人は下剤作用がない薬を使い改善していきます。

調の働きを調整する働きがあるので、便秘と下痢を繰り返す症状の人でも向いています。
暫く飲みつづけると腸の働きを回復させて安定したお通じへと導きます。

日本で悩んでいる人は1000万人以上いると言われていて、主に女性が多いですが男性でも悩んでいる人はいます。
便秘の漢方薬は便秘以外の症状も重要で、西洋の薬と比べると基本的に高いですが様々な効果や長期的に体質改善も出来ます。

購入するときは登録販売者や薬剤師に相談するようにして下さい。
よく使われる薬は次のものがあります。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は、他にも冷えや生理痛貧血や色白、更年期障害にも良くて、女性や貧血気味、ダイエットでお通じが良くない人向けで、飲んでいる人もたくさんいて広範囲に効果があります。

慢性的になっている人やお腹の張りがある人は大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)がおすすめです。
これは他に特に問題がない人が対象です。

慢性でコロコロの便やふきでもの、便が固かったり尿の量が多いときは、麻子仁丸(ましにんがん)がよいです。
イライラや生理時や産後の不安、のぼせに生理不順などがあり体力がある人は、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)が向いています。

お通じが悪い人やふきでもの、高血圧に肥満、肩こりやむくみがある人は防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)があります。
ぽっこりお腹や暴飲暴食をしている人、ダイエットしたい人におすすめです。

高血圧や肥満、お通じが悪い人、みぞおちが苦しい場合や神経症には大柴胡湯(だいさいことう)です。
体力があり脇腹からみぞおちにかけて苦しい人向けです。

お通じが悪くて痔や脱肛には乙字湯(おつじとう)が良くて、便が硬めで切れ痔、いぼ痔の人はこれがおすすめです。

他に下痢の繰り返しや過敏性腸症候群がある人は、桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)があります。

大人ニキビで悩んでいる人のほとんどが慢性的な便秘も抱えています。排便は体内の老廃物や毒素を排出することで、全身に巡る血液を綺麗にする役割があります。不規則な生活習慣が原因で腸内環境が悪化すると、老廃物や毒素が血液を通って全身に行き渡るので、肌表面ではニキビとして現れます。腸内環境が悪化した状態とは、悪玉菌が大量に繁殖していることを指します。悪玉菌は活性酸素を増やす作用があり、活性酸素は本来なら体を健康に保つ存在ですが、増えすぎると細胞にダメージを与えてしまいます。また便秘になると肌のターンオーバーを活性化させるビオチンというビタミンが不足するので、新しい肌に生まれ変わることができず、大人ニキビがなかなか治りません。よって大人ニキビを改善したり予防したりするためには便秘対策が重要です。腸内環境を改善するためには善玉菌が必要なので、チーズやヨーグルトなどの乳製品を摂取します。ヨーグルトは含まれている菌に種類があるので、2週間ほど食べて排便しやすい種類かどうかを調べます。納豆やキムチなどの発酵食品も善玉菌を増やすのに効果的です。便が硬くなりやすい人は水を1.5L~2Lは飲むようにします。飲料水からだけでなく食事のスープや出汁からも水分は摂取できるので、意識的に摂取するのは1Lとされます。一度に飲んでも吸収されずに排出してしまうので、こまめに飲みます。コーヒーや紅茶をたくさん飲んでいる人は、カフェインの摂取により体内の水分が減少していると考えられます。カフェインには利尿作用があり、腸に必要な水分まで奪っていることがあるので、お腹の調子が良くない時はカフェインの入っていない麦茶やミネラルウォーターを選びます。女性は肌荒れに悩む人も多いですが、筋力が弱いために便秘になっている可能性があります。裸足で1日5分間だけつま先立ちをすると、ふくらはぎを鍛えることができます。ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれ、ふくらはぎの筋肉量が多ければたくさんの血液を全身に送ることができます。腸にも十分な血液が巡るので、蠕動運動が活発になり便意を催しやすくなります。運動ほとんどしない人は5分間でも脚が疲れるので、最初は1分~2分でも構いません。毎日ふくらはぎを刺激することが大切です。腹筋は蠕動運動を促進し、トイレでいきむ力を高めてくれます。朝は体内サイクルにおいては排便に適した時間なので、起床後に実践すると良いです。

便秘薬には、大きく分けて2種類あります。一つは、腸内の水分を増やして、便を柔らかくし、出しやすくする薬です。直接大腸や小腸に働きかけることはありません。もう一つは、大腸や小腸に刺激を与え、蠕動運動を促して、排便を進める薬です。
前者には、さらにいくつかの種類があります。
まず、水分を吸収して、膨れ上がり、便の量を増やすことによって、出しやすくする薬です。膨張性下剤といわれます。
次は、界面活性剤によって、便を柔らかくする薬です。湿潤性下剤と呼ばれます。
三番目は、マグネシウム系の便秘薬です。具体的にいうと、酸化マグネシウムなどが挙げられます。酸化マグネシウムは、体内を通過するときに、水分を吸収します。それが腸へ届き、再吸収されずに、便を柔らかくします。塩類下剤という名称がついています。
四番目は、坐剤です。坐薬とも言います。即効性があり、副作用もありません。抵抗感がある方もいますが、頑固な便秘には、かなり有効です。
一方、後者は、大腸刺激性下剤と小腸刺激性下剤がありますが、小腸刺激性下剤は、現在はあまり使われません。食中毒などで、早く排便したほうがいいときなどに使われます。
そして、よく使用される大腸刺激性下剤は、2種類に分かれます。アントラキノン系とジフェニルメタン系です。
アントラキノン系は、かなりの効果を期待できます。ところが、長期間使用すると、腸が刺激になれてしまい、量を増やさざるを得なくなることがあります。また、大腸の粘膜が黒ずみ始めるなどの副作用もあります。これを、大腸メラノーシスといいます。
ジフェニルメタン系は、アントラキノン系に比べ、効き目が穏やかで、おなかが痛くなりにくいのが特徴です。
これらの薬は、症状に合わせて用いる必要性がありますが、必ずしも使用したからといって、便秘の完全治癒に至るわけではありません。あくまでも、便を出やすくするだけであり、便秘の根本原因にアタックするものではないからです。
さらに、下剤には副作用の心配もあります。効果の強いものは、下痢や腹痛、吐き気などが起こることもあります。水分を集めて排便を促す薬は、脱水症状になることもあります。貧血を引き起こすこともあります。

それよりは、乳酸菌サプリで便秘解消してみてるのもいいかもしれませんね。

仮に、以上のような症状が起きなくても、まったく効果の出ない場合もあります。そのような場合は、食生活を正したり、ストレスをため込まないようにしたり、水分を多く摂ったり、乳酸菌など腸内環境を整える物質を補給したりして、自然に排便が行われるようにすることが大切です。

食べたものが便として身体の外に出てくるまでの消化器官は約9メートルあり、中でも腸の部分は約8メートルあります。小腸で食べ物の栄養素が吸収されて、大腸で消化されなかった食べ物から水分を吸収して便が作られています。一般的には3日以上排便が無い場合や、1週間の排便の回数が2回以下の人を便秘としているケースが多いです。便秘の定義ははっきりしていないのですが、排便の回数が少ない場合や排便が困難な場合を便秘と呼ぶことがあります。症状がある程度軽い場合は食生活や生活習慣を見直すことで予防すること出来る場合がありますが、間違ったケアをしていると悪化させてしまうことがあるので種類に合わせた方法で予防することが大切です。
便秘の種類には弛緩性と直腸性便秘、痙攣性便秘があり、弛緩性便秘は大腸の運動が低下することで起こるもので日本人に多いとされている症状です。直腸性のものは排便をしたいという感覚を感じにくくなる状態で、排便を我慢している人や高齢者に多くみられます。便が直腸まで届くと排便をしたくなる感覚を掴むことが出来るのですが、直腸性のものは感覚が分からずに腸に便が停滞してしまいます。痙攣性のものは大腸の筋肉が緊張していて、便を運ぶ機能がうまく動かなくなっているときなどに起こります。コロコロした便になったり、下痢を起こすことがあります。
自分がどのような種類の便秘なのかを考えて、便秘対策をすることが大切です。弛緩性タイプの場合は食物繊維や乳酸菌を多く摂取するようにして、身体をなるべく冷やさないようにします。基本的な生活習慣を見直して、規則正しい生活を送るようにします。直腸性タイプでは便意を我慢しないことがポイントで、まずは排便をしたいと感じたらすぐにトイレに行くようにします。浣腸を使っているときには一度使用を中断して、自分の力で排便出来るようにします。痙攣性のタイプは食物繊維を摂り過ぎると悪化することがあるので、コロコロとした便が出たら消化の良い食べ物を摂取するようにします。胃腸に負担を掛けない食事を心がけて、日ごろからストレスを感じない生活を送るようにします。
予防するためにはあまり過敏に反応するのではなく、自分の排便のサイクルと体調を把握して予防出来るようにすることが大切です。自分の排便や体調を把握することが出来ると自分なりの対策を見つけることができ、早めに予防することが出来るようになります。本格的な症状が出る前に対策を立てて、予防することが何よりも大切です。

便秘解消を考えた場合にお茶を飲むというのは、有効な方法の一つです。
ただ、成分をしっかりと意識しておく事も重要になってきます。
便秘の悩みを解消したいと考えた時に有効な成分の一つが、緑茶等に多く含まれているカテキンです。
これはポリフェノールの一種で、活性酸素を抑える抗酸化作用がある成分としても有名です。
ただ、それ以外にも腸内の悪玉菌が増える事を抑えてくれる働きがあります。
腸内の悪玉菌が増えると、腸内環境が乱れ、便秘になりやすい状態になってしまいます。
ですが、悪玉菌の働きを抑える事が出来れば、善玉菌が増えやすい状態になり、良い腸内環境を保ちやすくなり、便秘も解消しやすい状態を作っていく事が出来ます。
勿論、緑茶を飲んだだけで、劇的な改善効果を期待できるという訳ではありませんが、飲んでおく事によって解消しやすい状態へと変えていく効果を期待する事が出来ます。
更に、緑茶に含まれているビタミンCは、腸の中の便を柔らかくする事で、体外に排出しやすい状態を作ってくれます。
ビタミンCは緑茶以外では、ローズヒップティー等にも多く含まれています。
同じく便を柔らかくしてくれる効果があるのが、マグネシウムです。
マグネシウムには大腸の働きを活性化させてくれる効果もあり、本気で便秘を解消したいと考えた場合に有効な成分の一つとなっています。
そんなマグネシウムは、プーアル茶や杜仲茶等に多く含まれています。
更に、便秘解消に効果がある事で有名なのが、食物繊維です。
食物繊維を摂取する為には野菜や果物等を食べる必要があると考える人は多いでしょう。
ですが、黒豆茶やゴボウ茶等にはこの食物繊維が含まれています。
ですから、黒豆茶やゴボウ茶を積極的に飲むようにすれば、食物繊維不足を補い、便秘が解消しやすい状態を作っていく事が出来ます。
ただ、便秘の原因というのは人によって様々です。
腸内環境の乱れや食物繊維不足であれば、必要な栄養素を摂取する事が出来るお茶を飲む事で、改善を期待する事が出来ますが、運動不足や日常のストレスが原因になっている場合、これらの原因も改善していく必要があります。
ですから、飲んだだけで必ず便秘が改善するという訳ではありません。
ただ、飲んでおく事で、便秘が改善しやすい状態を作っておく事が出来るので、便秘が気になっているというのであれば、カテキンやビタミンC、食物繊維やマグネシウムが豊富に含まれたお茶を日常的に飲むようにしておくと良いでしょう。

便秘とは、何らかの不調によって正常な排泄ができていない状態のことをいいます。
排泄物は大腸に溜まっている状態ですので、腸内では悪玉菌が増加してしまいます。悪玉菌が増加すると便を腐敗させやすくなり発がん物質や発がん促進物質、活性酸素など体に悪影響のある有害物質を大量に発生させてしまいます。そうなると腸壁から有害物質が吸収されてしまい、血液と一緒に全身を巡って様々な問題を引き起こしてしまいます。
ニキビや肌荒れなどの美容的な問題のほか、免疫機能が低下したり冷え性になる、アレルギー症状が悪化したり、頭痛や服などを引き起こしています。
問題なのが、腸内環境が悪くなることでまた便秘が悪化して、さらに悪玉菌が増えるという悪循環になってしまうことです。
しかし、一言で便秘と言っても種類があります。大きく分けて大腸の筋肉がゆるみが原因の弛緩性、ストレスなどで自律神経が乱れて大腸が正常に動かなくなる痙攣性、胃腸や肛門などの器官の疾患が問題で起こる器質性に分けられます。
症状は原因になっている問題によって異なるため、注意が必要です。
一般的に腸の状態は食べ物に大きく影響されます。消化器系のトラブルであるため、食べ物によって対策を立てることができます。
腸内環境を良くすることが対策の一つとなるため、腸内環境を良くするための食べ物を摂取していくことが効果的です。
特にオススメなのがヨーグルトや漬物などに含まれている乳酸菌です。
ヨーグルトには悪玉菌を減らして腸内環境を良くする善玉菌が豊富に含まれています。摂取することによって乳酸が腸内で乳酸が生成されるようになり、大腸を刺激してぜん動運動を活発にする効果が期待できます。
しかし、胃酸などに弱くほとんど死滅してしまいますが、腸内にもともといる善玉菌のエサになる作用などもあるため全く無意味ではないとされています。
乳酸菌は様々な効果がありますが、便通に効果的と言われる整腸作用をしっかり働かさせるためには生きて腸まで届けることが有効であると考えらえています。
乳酸菌は胃酸や胆汁などに弱いため食べ物の中に含まれるものを腸内まで届けるのは難しいとされています。生きて腸内まで届けるためには、乳酸菌の種類の中でも胃酸などに強いタイプのものを選ぶことが必要です。
そのためには、生きて腸まで届けることのできるサプリメントが効果的となります。
食べ物やサプリメントで対策するのと同時に、乱れた食生活や生活習慣を改善してくことも大切です。