便秘とは、何らかの不調によって正常な排泄ができていない状態のことをいいます。
排泄物は大腸に溜まっている状態ですので、腸内では悪玉菌が増加してしまいます。悪玉菌が増加すると便を腐敗させやすくなり発がん物質や発がん促進物質、活性酸素など体に悪影響のある有害物質を大量に発生させてしまいます。そうなると腸壁から有害物質が吸収されてしまい、血液と一緒に全身を巡って様々な問題を引き起こしてしまいます。
ニキビや肌荒れなどの美容的な問題のほか、免疫機能が低下したり冷え性になる、アレルギー症状が悪化したり、頭痛や服などを引き起こしています。
問題なのが、腸内環境が悪くなることでまた便秘が悪化して、さらに悪玉菌が増えるという悪循環になってしまうことです。
しかし、一言で便秘と言っても種類があります。大きく分けて大腸の筋肉がゆるみが原因の弛緩性、ストレスなどで自律神経が乱れて大腸が正常に動かなくなる痙攣性、胃腸や肛門などの器官の疾患が問題で起こる器質性に分けられます。
症状は原因になっている問題によって異なるため、注意が必要です。
一般的に腸の状態は食べ物に大きく影響されます。消化器系のトラブルであるため、食べ物によって対策を立てることができます。
腸内環境を良くすることが対策の一つとなるため、腸内環境を良くするための食べ物を摂取していくことが効果的です。
特にオススメなのがヨーグルトや漬物などに含まれている乳酸菌です。
ヨーグルトには悪玉菌を減らして腸内環境を良くする善玉菌が豊富に含まれています。摂取することによって乳酸が腸内で乳酸が生成されるようになり、大腸を刺激してぜん動運動を活発にする効果が期待できます。
しかし、胃酸などに弱くほとんど死滅してしまいますが、腸内にもともといる善玉菌のエサになる作用などもあるため全く無意味ではないとされています。
乳酸菌は様々な効果がありますが、便通に効果的と言われる整腸作用をしっかり働かさせるためには生きて腸まで届けることが有効であると考えらえています。
乳酸菌は胃酸や胆汁などに弱いため食べ物の中に含まれるものを腸内まで届けるのは難しいとされています。生きて腸内まで届けるためには、乳酸菌の種類の中でも胃酸などに強いタイプのものを選ぶことが必要です。
そのためには、生きて腸まで届けることのできるサプリメントが効果的となります。
食べ物やサプリメントで対策するのと同時に、乱れた食生活や生活習慣を改善してくことも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です