便秘解消を考えた場合にお茶を飲むというのは、有効な方法の一つです。
ただ、成分をしっかりと意識しておく事も重要になってきます。
便秘の悩みを解消したいと考えた時に有効な成分の一つが、緑茶等に多く含まれているカテキンです。
これはポリフェノールの一種で、活性酸素を抑える抗酸化作用がある成分としても有名です。
ただ、それ以外にも腸内の悪玉菌が増える事を抑えてくれる働きがあります。
腸内の悪玉菌が増えると、腸内環境が乱れ、便秘になりやすい状態になってしまいます。
ですが、悪玉菌の働きを抑える事が出来れば、善玉菌が増えやすい状態になり、良い腸内環境を保ちやすくなり、便秘も解消しやすい状態を作っていく事が出来ます。
勿論、緑茶を飲んだだけで、劇的な改善効果を期待できるという訳ではありませんが、飲んでおく事によって解消しやすい状態へと変えていく効果を期待する事が出来ます。
更に、緑茶に含まれているビタミンCは、腸の中の便を柔らかくする事で、体外に排出しやすい状態を作ってくれます。
ビタミンCは緑茶以外では、ローズヒップティー等にも多く含まれています。
同じく便を柔らかくしてくれる効果があるのが、マグネシウムです。
マグネシウムには大腸の働きを活性化させてくれる効果もあり、本気で便秘を解消したいと考えた場合に有効な成分の一つとなっています。
そんなマグネシウムは、プーアル茶や杜仲茶等に多く含まれています。
更に、便秘解消に効果がある事で有名なのが、食物繊維です。
食物繊維を摂取する為には野菜や果物等を食べる必要があると考える人は多いでしょう。
ですが、黒豆茶やゴボウ茶等にはこの食物繊維が含まれています。
ですから、黒豆茶やゴボウ茶を積極的に飲むようにすれば、食物繊維不足を補い、便秘が解消しやすい状態を作っていく事が出来ます。
ただ、便秘の原因というのは人によって様々です。
腸内環境の乱れや食物繊維不足であれば、必要な栄養素を摂取する事が出来るお茶を飲む事で、改善を期待する事が出来ますが、運動不足や日常のストレスが原因になっている場合、これらの原因も改善していく必要があります。
ですから、飲んだだけで必ず便秘が改善するという訳ではありません。
ただ、飲んでおく事で、便秘が改善しやすい状態を作っておく事が出来るので、便秘が気になっているというのであれば、カテキンやビタミンC、食物繊維やマグネシウムが豊富に含まれたお茶を日常的に飲むようにしておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です